FX&CFD週次報告20210705

りっきーです。

2021年7月5日週のFX&CFD不労所得は、31,283でした。



内訳(クリックでそれぞれに飛びます)

トラリピ

株価指数&バラエティCFD



トラリピ

今週のトラリピによる不労所得は31,283円でした。

投資元金累計利益維持率
3,900,0001,738,347716%
振替スワップ50,895
通貨ペア週次利益評価損益
EUR/JPY20,885-582,132
EUR/GBP891-11,730
AUD/NZD9,5071,419
CAD/JPY00
MXN/JPY0-24,904
合計31,283-617,347
※累計利益は預託証拠金から投資元金を差し引きした金額を示しています(口座反映分としているため受渡前損益を含んでいません)。

先週の微益から今週は爆益となりました。

週次3万円台に乗せたのは実に4か月ぶりのことです。

下記は実現損益(累計利益から評価損益を差し引き)と週次利益を表しています。
トラリピ累計利益と実現損益の推移20210628

2021年5月よりユロポンことEUR/GBPトラリピにも追加されたため、設定しました。

投資資金100万円想定とした公式と同じ設定としています。
売り買い
通貨ペアユーロ/英ポンドユーロ/英ポンド
売買の別
レンジ0.87000~0.96000英ポンド0.82000~0.91000英ポンド
注文金額(1本あたり)0.2万ユーロ0.2万ユーロ
トラップ本数計31本計31本
利益金額6.0英ポンド6.0英ポンド
決済トレール設定しない設定しない
ストップロス価格設定しない設定しない
売買①売買損益②スワップ③評価損益④未実現スワップ総合損益
(①+②+③+④)
売り708,15227,993-14,487105721,763
買い916,923-86,240-32,139-310798,234
売り買い合計1,625,075-58,247-46,626-2051,519,997

トラリピではこのほかに中級者向けとしたトラリピ戦略リストも公開していますので参考になると思います。

【関連記事】現在わたしが運用中のトラリピオージーキウイ(AUD/NZD)トラリピ設定の記事です

【リピート系FXならマネースクエアのトラリピ!】
 

週次には含めていない海外FXのGEMFOREXで仕掛けているグリッドトレードですが、今週は9,683円でした。

トレールオンにしていたのと、また上がりそうだったので一旦全ショートポジションを利確しました。
IMG_-8w1abw
正直なところ、この程度のレンジ感であればグリッドトレードにせずとも裁量でエントリーしてもいいような気もしますね。



株価指数&バラエティCFD

今週の株価指数CFDによる不労所得は0円でした。

ロボアドバイザー WealthNaviの運用を終了し、資金を移動して運用しています。

投資元金累計利益
3,600,000-110,596
評価損益維持率
470,295958.51%
銘柄週次利益
日本2250
イギリス1000
米国VI0
合計0
※維持率は株価指数CFDのものです。

今週は決済無しでした。

また、今回の急落により新たに200円スパンで買い下がりを想定していたため6ポジション追加になっています。
CFD20210705
SQとETF換金売りが重なると想定されていただけに、こういう時にショートも仕掛けておけばダブルで狙えるんでしょうが、やりませんでした(笑)
相場に張り付いていなければなりませんからね。

ここのところ相場に振り回されるのを回避するためにロングオンリーとしていますが、それでも100円スパンの小刻みで買い下がりすると1000円以上の下げでは初期値ロスカに到達しやすく、過去に何度も数か月分の利益を吹っ飛ばしてしまっています。
日本225_6h_20210710
この方法がいいのかは分かりませんが、ここのところの下落トレンドから考えて大体6~8時間足での最高値(最近だと29500円くらい)から1000円以内では積極的に仕掛けないことにしています。

下記は実現損益(累計利益から評価損益を差し引き)と週次利益を表しています。
株価指数CFD日本225VI20210705
確定損失分の取り返しには最低でも3~4年かかると見ていましたが、評価損益ではプラス圏に到達しています。しかしながらくりっく株365(FTSE100)での確定損失92万円を含めると何年かかりますかねぇ。如何せん、投資(投機)をする前よりも資産減らしてますからね。

【CFD無料口座開設はこちら】
GMOクリック証券CFD

ではまた~(@^^)/~~~
スポンサードリンク