FXトラリピアイキャッチ
どうも~、りっきーです。

2018年11月19日週のトラリピによる不労所得は7,812円でした(^^;

1週間のトラリピ不労所得

下の表が通貨ごとの1週間の損益です。

投資元金 累計利益 維持率
3,200,000 174,676 1467%
通貨ペア 週次利益 スワップ 評価損益
USD/JPY 2,000 -177 -33,720
AUD/JPY 0 0 -4,480
CAD/JPY 1,500 0 -7,730
NZD/USD 5,410 -1,308 -13,040
合計 8,910 -1,485 -58,970
※累計利益はブログ掲載時点での週次利益とスワップのプラスマイナスも含んで表記しています。通貨ペアごとのスワップは決済されたもののみです。

今週も、NZドル/USドルが好調です(*´∇`*)♪

トラリピの累計利益と時価残高の推移

下記の図が、わたしが2018年4月から運用しているトラリピの運用成績です(・∀・)つ
9月に利益が落ち込んでるのは後述するトラリピ戦略モデルで失敗した時のものです('A`)

トラリピ累計利益と評価損益の推移

りっきーのトラリピ設定

わたしは下記の設定でトラリピを運用しています。
通貨ペア 売買 レンジ 本数 利益金額 ストップロス
USD/JPY 95.00 ~  109.75 60 2,000 94.96
USD/JPY 110.32 ~  126.00 57 2,000 126.04
AUD/JPY 75.00 ~  89.88 25 1,000 なし
NZD/USD 0.6010 ~  0.7000 100 8ドル なし
NZD/USD 0.7010 ~  0.8000 100 4ドル なし

上の表にはありませんが、11月からトラリピ戦略モデルの“TIMEモデル”を追加してます。トラリピ戦略モデル“TIMEモデル”とは?
トレンドおよびレンジの観測指標として、主に「ボリンジャーバンド」「スパンモデル」「パラボリック」「DMI」「スローストキャスティクス」を使用し、時間軸を変更しながら観測するマルチタイムフレーム手法を基に分析しています。
マネースクエアのWEBより

トラリピ戦略モデルは口座を持っている方であればだれでも設定を見ることができますし、ボタンを押すだけでカンタンに設定できます。

ただ、何も考えずに押すとこんなことになることもあります(笑)
このときはトラリピ戦略モデルのLOGICモデルを取り入れてみましたが、1回目は失敗、2回目は成功でほぼプラスマイナスゼロでした。確率50%と書いてある通りの結果に

ボタンを押すだけではなく、過去のチャートも見つつ判断する必要がありますね。やってみたい方はどうぞ。

関連記事:【トラリピのはじめ方♪

無料口座開設:【マネースクエア公式WEB】

最後までご覧いただき、ありがとうございます

マネースクエア
スポンサードリンク